教えて!クレジットカード換金の口コミ

menu

クレジットカードの換金における口コミ

クレジットカードを現金に換金するという方法は、どうしても手元にお金がない、現金が必要だというような時に便利に利用することができる方法となっています。

▼ 目次

クレジットカードを換金する方法

ではクレジットカードを換金するという方法ですがどういった内容の方法となるのでしょうか。
クレジットカードの現金への換金や、クレジットカードの現金化といった言葉では聞いたことがあるけれど実際にはどういった内容なのかわからない、確かに便利そうで興味はあるけれどなんだか怪しく思ってしまってなかなか利用することができないという方も多いのではないでしょうか。

確かに名称だけ聞いたりまた審査が不要というようなことを聞くと怪しいもののように感じてしまうかもしれません。
実際はそんなことはないんですね。
確かにあくまでもグレーゾーンといわれているような行為ではあるものの、特に法律に違反していたりするわけではないので安心して利用することができます。
違法行為ではありません。
ですがクレジットカードの発行元会社が規約として禁止しているところがほとんどとなっているため、あくまでもグレーゾーンの行為ということになっているのです。

クレジットカードを換金する2通りの方法

またその方法の内容としてなんですが、2通りの方法があります。
まず一つ目の方法として、商品買取型と呼ばれる方法があります。
商品買取型と呼ばれる方法ではクレジットカードの現金化業者から指定された商品をクレジットカードを使って購入し、そして業者にまたその商品を買い取ってもらうことで、購入する際にはクレジットカードを使用するけれど、売却する際には銀行振り込みで売却できるので、すぐに現金を手にすることができるという流れになります。
もちろん後から来るクレジットカードの請求についてはしっかりと支払わなければいけません。

また二つ目の方法としてキャッシュバック型現金化があります。
キャッシュバック型での方法の場合では、現金化業者に指定された商品をクレジットカードを使って購入するというところまでは同じなのですが、その商品にキャッシュバック制度がついてくるため、購入することで現金を振り込んでもらうことが可能という流れになります。
商品買取型に比べると、比較的換金率は低い傾向にあるのですが、売却するという手間を省くことができますので非常にスピーディに換金をすることができます。
どうしても早く少しでも早く現金を手にしたいという方におすすめの方法となります。

商品買取型と呼ばれるクレジットカードの現金化の方法では、業者に依頼するだけでなく自分自身で行うという方法もあります。
ですが自分自身で行うよりもできるだけ専門のクレジットカードの現金化業者に依頼することをおすすめします。
というのも専門のクレジットカードの現金化業者に申し込みをして依頼を行ったほうがスムーズにそして安心に換金を行うことができるからです。

業者選びには注意しましょう

またクレジットカードの現金化業者に依頼する際には、業者選びには注意する必要があります。
現金化業者は非常に多く存在するのですが、その中でも安心して利用することができるような優良業者を選ばなければいけません。
中には悪質な行為を働くような悪徳業者もいますので、そういった悪徳業者に気を付けなければいけないのです。
特に初めてクレジットカードの現金化業者を利用するという場合には、甘い謳い文句に騙されてしまって悪徳業者にの罠にはまってしまう方も非常に多くいらっしゃいます。
ですのでそういった悪徳業者に引っかからずに優良業者を見つけるためには口コミを参考にするという方法があります。

口コミはインターネットの口コミサイトなどでとても手軽に閲覧することができます。
インターネット環境さえあればとても手軽に、誰でも無料で閲覧することができますので、クレジットカードの現金化を考えているという方はまずは業者の口コミなどを見るようにすることがおすすめです。
実際にその業者を利用された方の体験談や感想などが掲載されていることにより参考にすることができますよね。
ですが口コミの中にはサクラと呼ばれるその業者の回し者が良いように口コミを描いているという可能性も考えられます。
ですのでうのみにしすぎてしまったり信用しすぎてしまうのはやめましょう。
あくまでも参考程度にとどめておくということが大切です。

口コミを参考にすることももちろん大事なのですが、自分自身の目で見て耳で聞いて判断するということがより非常に大切なこととなります。
ですのでクレジットカード現金化業者の口コミサイトなどを参考にすること以外にも、自分自身で実際にそのクレジットカードの現金化業者に問い合わせてみるという方法があります。
自分自身で問い合わせてみることにより見えなかったものが見えてくるかもしれません。
また悪徳業者の場合には問い合わせられるような会社の電話番号や住所が掲載されていない、デタラメというケースもあります。
ですからそういったところで優良業者か悪徳業者かを判断することができるでしょう。